書き下ろし小説、増田晶文は悶絶。

2018年はずっとこの一作『絵師の魂 渓齋英泉』にかかりきりでした。
書くべきことは自明だし、ストーリーも出来上がっているのに、
なかなか筆が進んでくれませんでした。
もちろん、これまでの単行本でも苦渋やら苦吟はあったのですが、
『絵師の魂』は格別……おおげさではなく、
ほとんど一年の間のたうちまわる始末でした。
脱稿したときは、歓びよりも、
ホッとした気持ちのほうがずっと強かったほど。

かつて新島襄や蔦屋重三郎を題材にしたときに比べ、
英泉には過剰に増田晶文を投影したからか……。
いえいえ、物書きがどれだけ難儀をしても、
それが作品の出来に直結できていなければ、
ただの遠吠えということは重々承知しております
(そして、こうして幕の内側を披露するのはよろしくないことなのかも)。
でも――そんなこんなの意味も含め、
より多くの皆さまにご高覧いただき、
ご評価をたまわりたい、愛着ある作品です。